電話番号:0465-73-3186

〒250-0106 神奈川県南足柄市怒田2809-21

夜20時まで診療

南足柄市 歯科 インプラント 審美歯科 小児歯科 ホワイトニング

審美歯科

健康も美しさも基本は白色なんです

むし歯や歯周病などお口の中の疾患を治療するという機能的な側面の考えをこえて、お口の自然な美しさを大切に考える審美的・健康的な治療を行っていくのが審美歯科です。

また、機能的な面でも、保険で行う治療よりひとりひとりに合わせて痛くない・壊れない・フィットした素材や形に近づける事ができます。

一般的な歯科では、健康保険制度での治療は機能的な歯科治療に偏りがちであり、審美歯科的な治療を行うには限界があります。

審美歯科として考慮する事は、できるだけ天然の歯を削らず上下の噛み合わせを機能的な物にし、歯と身体の健康を確立する事です。

皆さんにとって審美歯科とは、きれいな歯並び・白い歯はバランスのとれた口元をつくり出し、自信を持った明るい性格を導き、周りの人に清潔感を感じさせ生き生きとした生活ができるようになります。

周りの人がうらやましがるような笑顔を手にしたい方は一度立ち寄ってみてください。

審美歯科の色々

審美歯科といっても幅広く、用途も様々です。

歯が黄ばんでしまったので白くしたい、むし歯で削ってしまったので被せる、歯を失ってしまったのでその部分を補う処置を行う…
口元の見た目や機能性や感触をより自然にしたいなど、様々なお悩みをより具体的に解決するための歯科科目です。

審美歯科では、ひとりひとりに合わせた処置を選択し、組み合わせていきます。

ホワイトニング

お食事やタバコ・コーヒー・加齢などで黄ばんでしまったお口を、ひとりひとりが持つ本来の白さに戻すために行うのがホワイトニングです。

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングはクリニック内で行うホワイトニングです。
手間がかからず、気軽で簡単に行えます。
ホームホワイトニング
ホームホワイトニングは自宅で簡単に行っていただくホワイトニングです。
歯科医院で歯型をとり、専用のマウスピースを作成します。ご自宅でマウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて、じっくりと歯を白くしていきます。
時間をかけてゆっくりとお好みの白さになるまでホワイトニングを行う事ができます。

詳しくはホワイトニングのページをご覧ください。

補綴(ほてつ)

補綴(ほてつ)とは、歯のかけてしまった部分や、失ってしまった部分を修復する治療方法の事です。
冠(クラウン)、インレー、差し歯、入れ歯(義歯)、インプラント(人工歯根)などの人工物で補い、「うまく噛めない」「しゃべれない」「見た目が悪い」といった問題を解決する事ができます。

インレー
むし歯や歯周病などで削ってしまった部分を埋める処置です。
冠(クラウン)
歯がかけてしまった場合に歯根に被せる、歯冠補綴物です。単冠とも呼ばれていて、一般には歯の被せ物として知られています。

インプラント(人工歯根)

事故やむし歯などで失ってしまったご自身の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込みその上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定性であるためにガタついたりせず自分の歯のように噛めるようになりますし、見た目もご自身の歯と変わりなく、審美的にも大変優れています。

入れ歯(義歯)

歯を根から失ってしまった場合の処置のひとつとして、入れ歯(義歯)をおつくりします。
部分入れ歯(義歯)・総入れ歯(義歯)など、いちがいに入れ歯というのですがその種類は症状によって様々です。
そして入れ歯(義歯)の理想とは、美味しく食事ができる・食べたい物が食べられる・見た目が審美的にも優れている・浮く、ずれる、痛みなどがなく口内でも違和感がない、という事が言えます。
しかし、実際では入れ歯(義歯)をしていて痛い・話しづらいと感じる方が多いのが現状です。
入れ歯(義歯)は、ご自身にふさわしい入れ歯をつくり、定期的なメンテナンスを行う事でより快適にお使いいただけるのです。

新技術の入れ歯「コンフォート」

この部分がコンフォートです。 コンフォートは、入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。

生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯茎にかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。

「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯茎を優しく守ります。

コンフォートの3大メリット

歯茎を優しく保護
コンフォートは歯茎の座布団。硬い入れ歯と歯茎の間でクッションの役割を果たし、デリケートな歯茎を優しく保護します。
クッション素材で痛みを軽減
コンフォートは入れ歯の歯茎にあたる部分を生体用シリコーンというクッション材で覆うため、歯茎にかかる圧力を軽減し、噛んだときの痛みをやわらげます。
抜群の吸着力
生体用シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに発生する顎の横の動きにも抜群の吸着性を実現します。

コンフォートについてのQ&A

「どんな入れ歯でも加工できるのですか?」
総入れ歯でも部分入れ歯でも加工できます。
しかし入れ歯の歯茎にあたるピンク色の部分の材質によっては、加工できない物もあります。
詳しくは担当の歯科医にご相談ください。
「費用はどのくらいかかるのですか?」
現在の症状や、入れ歯の種類によってケース・バイ・ケースです。
詳しくは担当の歯科医にご相談ください。
「ピッタリ合っている入れ歯でもコンフォートは必要ですか?」
歯茎の形にピッタリ合っていても、硬い入れ歯をする事で歯茎の粘膜(特に粘膜の薄い部分や、歯茎の骨が尖っている部分)は少なからずダメージを受けています。そのためピッタリ合っている入れ歯でも、コンフォート加工が必要だと考えます。
PAGE TOP